可愛いもの探し11日目

 
 二度目の週末を終えて月曜からまた街歩き開始です!材料屋さんを何件かはしご。何十年も続くボタン屋さん。オーナーのおじいちゃんのセンスで選ばれた古い年代のボタン達が店内の壁にびっしり!選んだボタンについていつもいろいろ詳しく教えてくれます。 次は手芸用品屋さんに到着。ここもかなり古く東ドイツ時代からやっているお店!壁にはパーツや洋服のデザイン画など年代物の資料もいっぱい!  リリアン編みの道具など素朴な木製の可愛いものが所狭しと並んでいる棚。 お店に入った時からずっと古いミシンで縫いものをしていたオーナーのおじいちゃん。作業の手を止めてくれてwagと一緒に一枚パチリ。生地屋さんもボタン屋さんも手芸用品店もおばあちゃんじゃなくてなぜかおじいちゃん。趣味と言うより職人となるとやっぱり男の人が多いみたい。彼らの収集歴のお陰で可愛い材料がたくさん見つかりました。これからの作品づくりが楽しみです!